| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ずっとそばに


2月22日
にゃーにゃーにゃーの猫の日に、ユキの49日を済ませました。
といっても、家族3人でお庭に骨を埋めただけですけど。

いろいろと悩んだのだけど、どこかのペット霊園に埋葬したとしても、あまりマメではない私たち夫婦なのでいつの間にか足が遠のいてしまったりしそうなので、だったらお庭に埋めてあげよう、ということになりました。

これからも私たちの側で見守っていてね。

さて。
春は新しいことにも挑戦しようと思っているので、ぼんやりしてる場合じゃないみたいです。
Nikon F80 comments(0) -
やることがいっぱいあると


忙しいときに限って、すぐにやらなくてもいいことをしてしまう。
そんなことってありませんか?

私は今。
今がそんなとき。
だから久しぶりにブログの更新なんてしちゃってます。

そして季節外れの写真。
ついこの間のことなのに、あっという間に季節は変わっちゃうね。

そうそう。
私、来週ラジオに生出演する予定です。

どきどき。
 
Nikon F80 comments(0) -
夏へと


春が来てわーい!るんるん♪
と思っていたら、あっという間に夏へと向かってますね。

今年こそ、がっつりソメイヨシノの写真を撮るぞ!
と思っている間に散ってしまいました。
ガクっ。
Nikon F80 comments(0) -
すこやかに


お久しぶりです。

思うところあって、人生初の人間ドックに行ってきました。
なんといっても、メイン(?)の胃カメラに数日前からドギマギでしたが、若い女性の看護士さんが優しく背中をさすってくれていたので、なんとか乗り切りました。
そういえば以前、ちょっとした手術を受けた時も、年配の女性の看護士さんが手を握ってくれて、すごく安心したこともありました。

人の手のぬくもりって大事。
そして、こういうことはやっぱり女性の方が向いているんじゃないかしら。

検査の結果は特に異常はなかったのだけど、年齢的にもいろいろと気になることもあるので、後日改めて肺のCTスキャンと大腸の検査も受けることにしました。

あーまたこれでしばらくドキドキしながら過ごさないといけない…。

検査が終わって病院内のレストランで食事をしていたら、ふと亡くなった父が入院中に許可をもらって一緒に病院内(違う病院ですけど)のレストランで食事をしたことを思い出しました。

数ヶ月も病院食だった父が、久しぶりにみんなと一緒に食べたレストランのチャンポン。
特別に美味しいものではなかったのに、「おいしい」と涙を見せたこと。

そんなことを思い出していたら、泣きそうになったのでささっと食べて帰ってきました。

やっぱり健康って大事。
自分自身のことも、家族のことも、ちゃんと気にしていかないとね。

とりあえず運動不足を指摘されたので、体を動かします!
Nikon F80 comments(0) -
そんな気分


子供の写真を撮るのは好きだし、成長記録としてちゃんと残しておきたいと思うけど。
でもやっぱり、女の子の写真を撮るのが一番好きなんだと思う。

まあ子供と違って、ちゃんと言うこと聞いてくれるしね。

さむいけど、冬写真が撮りたいな。

 
Nikon F80 comments(0) -
時を刻んで

新しい時計を買いました。
うふふ。

しかし、私は今までに3回も腕時計が買って半年以内に止まるというミラクルを経験しているので、今回もまた新たなレジェンドを刻むのではないかと心配しています。

1回目は安いおもちゃみたいな時計だったので、数ヶ月で止まってもまあこんなもんかな〜と気にしてなかったのです。
が、1年くらいして気がつくと、一緒におそろいで買ったNちゃんの時計はまだまだ現役でした。

2回目は貰い物の時計。
半年くらいで電池切れ。
そんな高そうでもなかったけど(←失礼)、一応メーカー品だったので保証期間内だったので無料で電池交換してもらいました。

3回目は自分で買ったそこそこの値段の時計。
こちらも約半年で止まりました。
もちろん無料で電池交換してもらったけど、さすがにここまで来ると「もしかして私の体から何か電磁波的なものが…?」と心配になりました。
ていうか今でも心配してます。
ほんとになんか出てるかも。

新しい時計を買ったお店のスタッフさんが、「うちの電池は2年は持ちますから大丈夫ですよ〜☆」と言っていましたが、前回止まった時計もおたくのお店の商品ですよ☆

そんなわけで、今回もついつい、「ねぇ、止まるの?やっぱり止まっちゃうんじゃないの?」とどうにも信じきれない私ですが、それはそれで面白いと思うので、半年くらいで止まったらご報告します。

ちなみに私、時計だけじゃなくて電化製品全般においてハズレをひくことが多いです。

例を挙げれば、新品で買って1週間で壊れたコンデジとか、AFがおかしかったにも関わらず、ある人に相談したら「あなたの腕が悪いんじゃないの?」的なことを言われて、実際腕が悪かったのでそんなものかしら…と思い我慢していたけど、やっぱりおかしいのでお店に持って行ったら初期不良だった一眼レフとか、さらには買って帰って家で箱を開けたらそもそも商品が入っていなかったデジカメとか、数えたらきりがありません。

そんなわけで、いつも電化製品を買うと初期不良なんじゃないか〜と疑ってしまうのです。
こういうのって私だけですかね?


ちなみに、買ったのはこの時計♡

Nikon F80 comments(2) -
あじさい

先日、紫陽花の写真を一生懸命撮っていてふと気がつくと、いつの間にか隣に70代くらいのお嬢さん(み○もんた風に)が。

「○○が入院していて、お花の写メを送ったら喜ぶのよー。」と携帯カメラでせっせと写真を撮られていました。
相手が旦那さんなのかお友達なのか、それとももっと別の誰かなのか、聞き逃してしまったのだけど(なんとなく聞き返しづらかったので)、とにかく入院中の大切な誰かのために1人でいろんなところに行ってお花の写真を撮っているのだそう。

「さっき、菖蒲園に行ったのだけど、まだ咲いてなかったのよ〜。他にも何かお花が咲いていないかもっと公園をまわってみるわ〜。」と去っていかれました。

私はなんだか感動してしまったのです。

大切な誰かのために彼女がせっせと1人で写真を撮りに行っていることや、写真が誰かを元気づけているということにです。

なんとなくほっこり気分。

それにしても。
うちの母(60代)なんて、最近やっとドコモからのお知らせメールを自分で開けるようになったというレベルなのに。
もちろん漢字変換などできる訳もないのでアドレス帳はすべてひらがなで登録されているというのに。
そもそも、お知らせメールを受け取る以外のことは何もしていないのに、なぜメール契約しているのか謎だというのに。

それなのに、明らかに母より年上の方でも普通に写メ送れるんですね。

あまりにも便利になりすぎてアナログなものの良さが忘れられたりするのも寂しいけど、便利なもののおかげで救われることもあるっていうこと、そんなことを考えたりしました。


Nikon F80 comments(0) -
需要のない話
 

結婚して約5年。
どんどん増量してしまい、気がついたらマジやばい!
というわけで、突然ですが脂肪という名の服を脱ぎ捨てたくなりました。

さっそくkoumeちゃんに教えてもらった「計るだけダイエット」とかいうアプリを1ヶ月ほど試してみました。
ちょっと前に流行ったレコードダイエットみたいなやつです。たぶん。

その結果、全く痩せませんでした!むしろ太った!
ほんとに計るだけでは痩せません。
みなさん注意してください。

30代前半くらいまでは食べても太らなかったので、そんな時代がずっと続くんだと思ってました。
・・・甘かった。

そんなわけで昔の栄光が忘れられず、ここ数年の私しか知らない人には昔痩せていたことをついうっかりアピールしていたんだけど、よく考えたらそんな情報誰も欲してないわ!ということにやっと気がつきました。

「オレ〜昔バンドやってたんだよね〜」っていう話と同じくらいどうでもいいですよね。
今後気をつけたいと思います。
Nikon F80 comments(0) -
Life with music
 

レコードしか持っていなかったBlossom DearieのCDを買いました。
去年レコードプレイヤーを処分してしまったので…。

おばあちゃんになっても、可愛らしいキュートな歌声だった彼女。
私も可愛い写真を撮るおばあちゃんになりたいな。

実は「誰かがギターを弾いてたらぁ〜他の誰かが別の楽器持ってきて合わせて弾き始めたりしてぇ〜毎日ジャムセッション?」みたいなチャラ家のような(離婚したけど…)家庭に密かに憧れてました。

だけど私何の楽器も弾けないし、昔「ギター弾きたいからちょっとタンバリンでリズムとって〜」って言われて一生懸命タンバリンをたたいてたら「むしろ邪魔だからもうやめて!」って言われるくらいリズム感ないし、なによりがんばって何かの楽器を弾けるようになるまで練習できる気がしないし、よく考えたら夫も音楽にはあまり興味ないし、家族でジャムセッションは諦めて、もう少しむっちが大きくなったらみんなで1人1台カメラ持って旅行とかしたいな。

むっちのファーストカメラは何にしよう?

そしてむっちには私の写真を撮って欲しいな。
ということは、キレイにしとかないと…。
太ってる場合じゃないわ!

でも母親の写真ばっかり撮ってる男とか絶対モテない!
Nikon F80 comments(0) -
読書
 

だいぶ前に夫が買って来た百田尚樹さんの「永遠の0」という小説。
戦争をテーマにした話みたいだったのでちょっと苦手かも(悲しくなるから)と思って読まなかったのだけど、つい最近なんとなく読んでみたらグイグイと引き込まれてあっという間に読んでしまいました。

機会があればぜひ読んで欲しい本です。

続けて同じく百田さんの「輝く夜」「ボックス!」と読んだのですが、全然違うテイストの話なのにどちらもおもしろい!

特に「ボックス!」はボクシングを題材にした青春ストーリーで読み終わってからもその世界に浸りすぎてボクシング部の顧問になりたい!と思いました。
でもその前に高校教師にならないとっ(>_<)

そんなわけで、これはぜひ映像で見てみたいと思って、カブ(登場人物の一人)は市原隼人とかいいんじゃない?でも高校生役はもう無理?
などと勝手に頭の中でキャスティングを妄想してたら2年ぐらい前にすでに映画化されてた!しかも市原隼人で!

ボクシングといえば、ずいぶん昔に仲良くしていた男の子が大学でボクシングをやっていたのを思い出しました。
パッと見はおっとりした感じで格闘技なんてやりそうになかったのに、よく見ると筋肉がすごかった。

マッチョは苦手だけど、ソフトマッチョはちょっと好きかも。
ソフトマッチョっていうか細マッチョっていうか松田翔太が好き。
松田龍平はもっと好き。
龍平といえば「青い春」が一番好き。

などと妄想してたら止まらなくなりそうなので今日はこのへんで。


Nikon F80 comments(0) -
| 1/3 | >>